一徳通信

一徳通信

一徳通信 №18(2018.12月)

総務委員会でNHKの危機管理体制、大河ドラマ「麒麟がくる」について質問し、また、外務委員会では、日・EUの経済連携協定のGI(地理的表示)の品目に「万願寺甘とう」が指定されたことに関連した質問をしました。ブランド価値も更に高まり、輸出にも好影響です。「万願寺甘とう」をもっともっと広めていきます!

PDF:一徳通信№18

PAGE TOP