井上一徳からのメッセージ

私が大学生だったころ、日本は輝いていました。希望に満ち溢れていました。

平成に入ってバブルがはじけ、デフレ経済が続き、一人当たりの国民所得も世界第三位(1996年)から22位(2016年)にまで落ち、国際社会における日本の位置づけも下がってきました。

安全保障環境も激変しました。国際社会の声を無視して核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮。軍事力を急速に強化し、力を背景に影響力の拡大を図る中国。日本を取り巻く安全保障環境は今後とも厳しい状況が続くことは間違いありません。

国内情勢も大きな変革期に入っています。平成20年に日本の人口は初めて減少フェーズに突入し、このまま何もしなければ40年後には9000万人を下回り、100年もたたないうちに5000万人ほどに減っていきます。こんなにも急激な人口減少は世界史において類例がないと言われています。

国内外ともに大きな困難が立ちはだかっています。誰もが安心して暮らせる社会を実現するには、日本全体の抜本的な改革、構造的な改革は避けて通れません。

課題の先送りは将来の世代にもっと大きな負担として残ります。日本は、力を合わせて幕末や戦後の怒涛の時代を乗り越えてきました。

私たちの世代も大改革を成し遂げ、今こそ輝く日本の未来を実現し、次世代に引き継いでいこうではありませんか!

改革への思い

プロフィール

プロフィール写真
プロフィール写真
1962年 7月31日 舞鶴市で生まれる
1969年 新舞鶴小学校入学
(小学校4年生から中学2年生までボーイスカウト活動)
1975年 白糸中学校入学
(弟と一緒に新聞配達のアルバイト)
1978年 東舞鶴高校入学
(高校二年生の夏まで野球部)
1981年 横浜国立大学入学
(4年生の時に休学しインド・ヨーロッパを放浪)
1986年 防衛庁入庁
1998年 内閣官房内閣安全保障・危機管理室
2006年 小池・内閣総理大臣補佐官付
2010年 防衛省運用企画局事態対処課長(東日本大震災に対応)
2014年 防衛省沖縄防衛局長
2016年 防衛装備庁調達管理部長
2017年 防衛大臣官房審議官(情報本部担当)
2017年 第48回衆議院総選挙 当選

ソーシャルメディア